東京わんにゃん保護っ子日記 都会の真中の小さなシェルターで暮らす家族になりたいシッポたち

「殺処分ゼロ」という言葉が持つ危険性 (日, 18 3月 2018)
ずっと気になり続けていること。 「殺処分ゼロ」という言葉が世間に浸透して来た気がします。 私の私的な見解ですが、もし今、殺処分だけが先になくなると、恐らくあっという間に保健所は収容動物であふれかえります。 ですので、飼育放棄を取り締まる制度が出来る前に殺処分制度を廃止する場合は、どう転んでもシェルター制度がセットで必要になりますが、 そうなると、私は安心して飼育放棄する人がもっと増える事と、シェルターの委託事業で儲けようとする動物愛護ビジネスの人間たち、そこに天下りしようとする役人、そんな複雑な問題が更に追加されて、現場は大混乱になると予想しています。 更には、おそらくシェルター建設にかかわる箱もの行政に群がる輩も現れて、その場合は議会も通過する可能性が高くなるでしょう。 箱ものが増える事には賛成する議員は多いはずですから。けれども、現実にはそのシェルターを作る費用の問題、続いてシェルターを維持する予算はどこから出るのか?などの問題が出て来るはずです。 そういった「制度を現実化するための具体的なロードマップ」も「資金の捻出方法の議論」もない現状で、殺処分の制度だけの廃止を声高にアクションを起こすことは、やはり無理がある気がしており、何とか殺処分を廃止するなら先行して、廃止後の適切なオペレーションが出来る法的措置を取って頂きたい。 つまり、わかりやすく言うと、国家規模での多頭飼育崩壊になってしまう事を私は恐れているのです。 保護現場におられる方の多くは、ただひたすらに目の前命を救いたい!という純粋な方々です。 そして純粋故に、俯瞰を忘れてしまうなら、それはとても残念なこと。 より多くの命を救い、長い目で見た時に物言えぬ動物たちが、より安全に幸せになるために、本質に目を向けて行きたいと改めて思います。 {044A9748-87C0-4A57-9D27-225180F6735C} 本日、2018年3月18日は有栖川公園で、保護っ子ふれあい会です。 現役の保護っ子/幸せを掴んだ元保護っ子たち。 みんなで地元東京の皆さんと触れ合えるチャンス。 お時間ある方は是非、ご来場下さいませ。 場所: 港区 有栖川公園 13:00〜 14:00〜 15:00〜 3部制です。 {C3DA386C-D609-4184-A488-F51BE1D05575} 有栖川公園のアクセス http://www.arisugawa-park.jp/access/index.html
>> 続きを読む

野犬を家族に迎える事をお勧めする5つの理由 (火, 09 1月 2018)
    ウチのシェルターには 沢山の野犬や野良出身の子達がいます。   代表格は私の愛犬のルディと大地、そして小さな白い女の子のパルフェ。   どの子も大切な私の家族ですが、元はそれぞれ   ルディ → 宮崎 大地 → 愛媛 パルフェ → 佐賀   の野犬の子達でした。     ルディと大地は2頭とも、捕獲された恐怖から、酷い威嚇とお口が出てしまい、保健所の職員さんたちも触る事が出来ないから、と首輪もなしのまま、ほぼ丸裸で空輸されて来ました。   パルフェは攻撃性こそ見せませんでしたが、超が付くほどのビビりで、一度でも逃走させたら絶対に再捕獲は不可能との判断から、結局3頭とも、里親さんの挙手がなく、尚且つ、一般譲渡が難しいとされていた子達でした。 おまけに、ルディとパルフェは捕獲された当初、酷い皮膚病を患っていたのです。     では、その子たちは今はどんな様子なのか? と、申しますと、画像の通りです       {95286A8D-527C-4CD3-B6DA-EEDBB3F53F58} おネムでも、カメラ目線バッチリの大地さん       {13174300-9B0E-4B29-93D0-BFADD54533A1} お散歩大好きのルディ。公園でニコニコ             お買い物に付いて来てくれたパルフェと、モニカ、ルディ {1220718C-5735-42EB-8344-3562E823EF5E} 左から パルフェ  モニカ   ルディ             僕も私もみんな元野犬 {5FF7BB4C-6FF0-48C0-BF31-8D2E880B9E30} 左から 大地   あんこ   ルディ                 そんな経験から私のシェルターは、まだ世の中で誤解されがちで、なかなか里親さんが決まり難い中型サイズ以上の野犬の子達を中心にお引き受けしています。     そして、もちろん、 もし、中型犬を家族に迎える事を検討されているなら、野犬の子こそ、最高の家庭犬になりますよ!とお勧めしています。       私が野犬をお勧めするのは、感情的に可愛そうだからなどではありません。現実に飼育し易い根拠があるからです。           下記にその具体的な理由をご紹介します             ① 野犬の子達は無駄吠えが少ない。 野犬にとっては、見つかれば捕獲されますので、無駄吠えしない事は命に関わる事です。だから仔犬の頃から母犬に躾けられ、無駄に騒がない子が多いです。 ウチの譲渡会に来てくださると分かりますが、中型犬ブースの子達(ウチの保護っ子たちは殆どが野良や野犬出身)は、いつも静かでキャンキャン騒ぐ子は1人もいません。     ② #野犬の子達は室内でもおトイレが上手。 自然界に暮らす動物たちは本来とても清潔好きです。 野生の動物はそもそも病院にかかる事はありませんから、病気になって回復出来なければ、死が待つのみです。 そのため、自然界の叡智とでもいうのか、彼等なりに清潔な環境を保つことで未病に努めます。 ですから、眠る場所や暮らす場所と、排泄する場所ははっきりと区別したがる傾向があるのです。 その結果、室内飼育でもおトイレをすぐに覚え、覚えたら外さない子がとても多いです。     ③ #野犬の子達はロイヤリティ(#忠誠心) #が高い 多くの野生の狼がそうであるように、野犬も群れで生活しています。群れは複数の個体が一緒に行動する運命共同体。そのため秩序の維持も生き延びるために必要不可欠なルールです。 ですので、一旦、飼い主をボスと認めれば忠実にあなたを信じ、信頼し続けてくれます。 *日本の野犬は、和犬の血が入っている子が殆どなので、それが相乗効果になっている部分もあるのかも💧     ④ #野犬の子達は丈夫で賢い子が多い。 これも弱肉強食という自然界の掟に因るものです。 少し残酷な話ですが頭が悪い子や勘の悪い、何となくいつもと違う..とか、何となく危険な感じがする、といった「この何となく」を感じられない子や、過去の失敗から学べない子、身体の弱い子等はそもそも、生き抜く事が難しいのが自然界です。 子犬は飼い犬ですら、すぐに体調が不安定になりますから、捕獲された時に既にその不安定な生後2~4ヶ月を生き延びているという事は、生命力の強い=病気を乗り越えて来た飼いやすい個体である、という事であり、生き延びる知恵も持ち合わせた頭脳の子である、という事なのです。     ⑤ #野犬の子達は意外性があるので育て甲斐がある。 野犬の子達は捕獲された直後、人間と暮らして来ていないため、最初はどうして良いか分からずパニックになったり、威嚇が出たりしますが、大抵の場合それは生き延びるための本能で、そこが自分にとって安心できる場所で、自分の命は安全なのだ、と認知すれば攻撃性はすぐに収まり、予想外の可愛さや愛情表現を見せてくれるようになります。   野犬の子はツンデレなビビリーが本当に多いのです😉       以上の理由から、野犬の子は実は物凄く家庭犬に向いているのです。       今もシェルターには沢山の野犬出身の子達が新しい家族との出会いを待っています。 もし、このBLOGを読んで、1人でも野犬の子を好きになって下さる方が増えたら、そして家族に迎えよう、と思う方が増えて下されば嬉しいな、と思います 家族が欲しい保護っ子たちはこちら。 僕たちのママになって欲しい {A20D3FDC-9A63-4A92-9C91-5B35451A0387} 左から、ハル王子     お嬢様犬のマーヤ様      ビビりも個性さ‼️あんこさん {A495AF6C-5F56-49E6-94DF-E8EFAC91C7B1} ゴージャスなフカフカヘアのBOH君 {90EC9823-10CE-4353-9618-EA11BD87F92C} まだまだ頭の中は仔犬のまんま。 ワチャワチャが可愛いマイリー君 {BEB7DD1D-88D8-4E00-9133-E240AE668DE3} 猫のようにマイペースな男。焦げパン🥐   因みにこの方も はい。僕も元・北九州の野犬です ママを募集してま〜〜す {1DF352BB-DCB5-41A5-9FAC-0CF160943E75} またしても、顎の再手術が必要になってしまったジェイクしょぼんあせる 相変わらず、ご本人はアッケラカン汗  この子が気になる‼️ っていう方は、下記のアドレスまで☆印を@に変えて、メッセージを下さい‼️ dog_cat_sos☆hotmail.com どうぞよろしくお願い申し上げます❣️  
>> 続きを読む

明けましておめでとうございます。 (火, 02 1月 2018)
{7FBF1783-0450-4889-B9FE-5FF3AA5A02DD} 旧年中は沢山の応援やお力添えを賜り、誠にありがとうございました。 1年の365日。 人間の4倍のスピードで年を重ねるシッポたちにとって、その日々はあっという間に過ぎてしまいます。 だからこそ、ますます彼らと過ごす一瞬一瞬は唯一無二のかけがえのない時間なのだ、と新年に改めて実感しています。 短い時間しか共有出来ないからこそ、その中身はこの子達にとっていつも安心で幸せで、優しさと楽しさに包まれていられるように、今年も誠心誠意、努めて参りたいと存じます。 本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。 東京わんにゃんシェルター&アダプション 代表    大野真由子
>> 続きを読む